保湿対策どうすればいいですか?

肌が乾燥してくるとかさつきが気になったり、肌のバリア機能が働かなくなってかゆくなり、皮がむけてひりひりするなど症状が出て、しわやたるみなどの肌トラブルを起こします。
乾燥肌の原因としては、年齢とともに元々肌にあった潤い成分コラーゲンが減少することや空気の乾燥、不十分な保湿ケアなどがあげられます。
こういった乾燥肌の要因に対処するためにも、保湿対策を行うことが大切です。
肌に刺激を与えず、肌になじみやすいものが好ましいといえます。
そして保湿のタイミングとして肌の水分が蒸発しやすい洗顔後や入浴後は、時間を置かずに化粧水や保湿クリームで肌に水分を与えましょう。
保湿クリームなどを塗る際には、手を温めてから使うとより成分が肌に染み込みやすくなります。
特に午後10時から午前2時までの睡眠は、肌の再生力を高めるために必要なのでぐっすり眠りましょう。
美白保湿化粧水ランキング